安全安心への取組み

JPRは、テナントや利用者の皆様の安全を確保し、安心して快適に利用できる施設・サービスを提供することは、最も重要な責任であると考えています。
安全・安心、そして質の高いサービスを提供するためには、継続的かつ徹底した取組みが必要です。JPRは、スポンサーが培ったノウハウを取り入れ、安全を最優先する運営に取り組んでいます。

安全安心の向上

JPRでは、テナントの皆様やお客様が安心して利用していただけるよう「運用管理マニュアル」に沿って、適切な施設管理を行っています。
特に、安全面でのリスクを抱えていると言われる駐車場の管理運営においては、法的基準を上回る独自の安全基準を策定し、物件毎に検証と見直しを繰り返しながら継続的なリスク低減を図っています。なお、駐車場事故の大部分はヒューマンエラーが占めるため、利用者に対するきめ細やかなヒューマンコミュニケーションにより更なるリスク低減を推進しています。

地震・災害対策への取組み

耐震基準を設け、取得の可否判断

東日本大震災(2011年)以降、建物の耐震性についての関心がさらに高まっています。自然災害や疫病等の不測の事態に対して、事業の継続性確保および持続的成長を可能とするため、被害の最小化や速やかな復旧の対策を整えています。
また、JPRは地震リスクを考慮し、一定の耐震基準に満たない物件は取得しません。

防災・事業継続計画(BCP)対応

TRIMでは、自然災害等の不測の事態に対応するために、危機管理規程と事業継続計画書を設け組織的な対応を図っています。
BCPの策定にあたっては、危機発生の蓋然性、影響度、危機対応の難易度の評価・選定を行っています。BCPには、災害対応としての重要業務や重要な要素に対して適切に講ずべき行動計画を定めています。非常事態が発生した場合には、危機対策本部を設置し、人命の安全確保を第一に資産の保全と迅速な普及対応等を行えるよう態勢を整備しています。

COLUMN

防災・事業継続計画(BCP)定期訓練を実施しています

緊急事態発生時にBCPが有効に活用されるためには、日頃からの従業員への教育と併せて、定期的な訓練の実施が不可欠です。
TRIMでは、防災訓練のひとつとしてBCP訓練を定期的に実施し、役社員間の連携・協力を促進し理解を深めています。同時に、訓練によって発見された課題を明らかにし、緊急事態対応のレベルアップにも取組んでいます。

171026-33374891a6.jpg 171026-4ddbc3f56c.jpg

防災訓練の実施

JPR保有ビルでは、地震・防災の大切さが注目される中、利用者の皆様の安全確保、地震による被害の軽減と企業活動の継続、地域の救援活動等のため、定期的に防災訓練を実施し、併せて防災についての啓蒙も行っています。また、外資系テナントが多い物件では、英語での非常用放送を実施しており、利用者の属性に合った対応も行っています。
TRIMにおいても、首都圏直下型地震を想定し、物件被害等情報収集の迅速性を高める訓練を定期的に実施し、対応能力の向上に努めています。

地震リスクに備え、PML値を活用

PMLは地震による最大予想損失額を意味します。
想定される最大規模の地震(475年に一度起こる大地震)により、どの程度被害を被るかを損害の予想復旧費用の再調達価格に対する比率(%)で示したもので、比率が低いほど損失額が低くなります。JPRは、物件取得の判断時点で耐震性、PML値を確認し、一定の基準に満たない場合は取得しません。
※ポートフォリオにおける個別物件の耐震性、PML値につきましては、「物件データブック」にてご確認ください。

新宿センタービル 東日本大震災の揺れを軽減

JPRは、スポンサー「大成建設」のサポートを受けて2009年、新宿センタービルに、既存の超高層ビルとしては国内初の長周期地震動対策となる「軸力制御オイルダンパー」288台を設置しました。
東日本大震災時には、最大変位を22%、最大加速度を29%低減し、この対策により被害を最小限にとどめました。

170823-ffe94b2448.png

長周期地震対策により第20回BELCA賞を受賞

BELCA賞とは、適切な維持保全もしくは優れた改修を実施した既存の建築物のうち、特に優秀なものを選び表彰する制度です。新宿センタービルは第20回BELCA賞(ロングライフ部門)を受賞しました。

170823-47763307ed.png

COLUMN

長周期地震動対策が被害を最小限に

東日本大震災時、震源で発生した長周期地震動が新宿を襲いました。
新宿センタービル最上階の中華レストラン「東天紅」の被害はお皿1枚のみ。事前の対策が被害を最小限に抑えた一例です。