サステナビリティ方針と推進体制

JPRの中長期的な安定成長のためには、「環境」「社会貢献」「ガバナンス」などの社会からの要請に応えることが不可欠です。資産運用会社であるTRIMは、社会の持続可能性(サステナビリティ)向上への取組みについて、「サステナビリティ方針」を策定しました。

サステナビリティ方針

TRIMは企業理念(誠実と責任)をもとに、 ステークホルダー(投資家やテナント等)と対話・協働して、社会および投資運用業の持続的な発展に貢献するとともに、JPRの投資主価値の最大化を目指します。

テナントへの取組み

テナントへ誠実で責任ある対応をするとともに、独自の新しい価値の提供と満足度の向上に努めます。

環境への取組み

環境問題の重要性を認識し、保有資産のマネジメントを通し環境負荷の低減を目指します。

  • 省エネルギー・温室効果ガスの削減を推進します。
  • 水資源の有効活用や廃棄物の3R(リユース・リデュース・リサイクル)化に努めます。
  • 環境に関する情報の積極的な開示に取り組みます。

地域コミュニティへの取組み

保有資産を通して地域コミュニティとの連携に取り組み、地域全体のブランド価値向上に貢献します。

従業員への取組み

従業員一人一人を尊重して働きやすい職場の実現を推進し、プロフェッショナルとしての専門性を高めます。

社会への取組み

法令および社会のルールを遵守し、高い倫理観をもって、透明性および客観性を重要視して事業に取り組みます。

サステナビリティ推進体制


資産運用会社のTRIMでは、サステナビリティに係る取組みを継続的・組織的に推進するため、「サステナビリティ委員会」が組織されています。
同委員会は代表取締役社長を委員長として、サステナビリティ目標の設定、活動のモニタリングと評価、役職員への啓蒙などを実施しています。
なお、同委員会は年2回以上開催(下部組織の事務局は毎月開催)され、また同委員会での主な活動内容については、JPRの役員会およびTRIMの取締役会において報告が行われます。