投資主・投資家への取組み

投資主・投資家の皆さまの視点に立った迅速・正確な情報開示に努め、説明会やイベント参加を積極的に行い、コミュニケーションの強化を図ります。

情報開示について

情報開示の充実が不動産投資信託証券市場の発展・成否に大きな影響を与えるという認識のもと、「適時かつ適切な情報開示、積極的なIR活動による透明性の高いファンド運営を通じ、社会と投資主からの信頼を獲得する」ことを経営方針のひとつに掲げています。この経営方針を実践する上で、適時開示規則に基づく情報の開示はもとより、適時開示規則に該当しない情報であっても投資家の投資判断にあたって有用と判断される情報については、積極的かつ公平な情報開示に努めています。

IRに係る活動状況

ホームページを通して、法定開示書類、プレスリリース、決算情報(財務諸表、決算短信、アナリスト向け説明会資料、決算説明会動画等)、運用資産の特性、パフォーマンス状況及び個人投資家向け情報等のさまざまなコンテンツを用意し、合わせて迅速な情報開示に努めています。
また、決算毎に、証券アナリストを中心とする在京の機関投資家やレンダー及びその他関係先等を対象に運用状況や業績見通し等に関する説明会を行っており、加えて国内外の機関投資家に対し、100~120件の個別ミーティングを実施しています。
海外投資家に対しては、北米・欧州及びアジアを中心に、個別ミーティングを実施しているほか、証券会社主催のカンファレンスにも積極的に参加しています。
また個人投資家に対しては、決算毎に東京と地方主要都市の2都市で計200~300名を対象に決算説明会を実施しているほか、不動産証券化協会や東京証券取引所及び証券会社等が主催する個人投資家セミナーにも積極的に参加しています。