コーポレートガバナンス

ガバナンスの強化

JPRは、持続的な成長に向けて運営の健全性、透明性を高めることが不可欠と考え、資産運用会社のTRIMも含めガバナンスの強化・維持に努めています。

独立性の高い役員構成

  • JPRでは、監督役員のみならず執行役員についても、資産運用会社の役員を兼務せず、投資法人の独立性を強固なものとしています。
  • JPRの各役員は、REIT業界にも精通した弁護士や公認会計士であり、多様な経験と専門的な知識を有しています。
  • TRIMの代表取締役社長・コンプライアンス室長は、スポンサーからの出向ではありません。

厳格なプロセスに基づく意思決定

  • TRIMでは、物件の取得や運用等を行うにあたり、各委員会等を通じて、厳格な審議等を行っています。

厳格な意思決定プロセス(物件取得時)

厳格な意思決定プロセス(物件取得時)

コンプライアンス委員会

  • 利害関係者との間の一定の要件に該当する取引案件又は投信法の規定によりあらかじめJPRの役員会による承認及びJPRの同意が必要となる取引案件については、原則として、コンプライアンス委員会にて、対象案件の取引についての妥当性及び合理性について審査・検証を行っています。
  • 同委員会には、現在は外部の弁護士を特別委員として選任しています。
  • コンプライアンス委員会にて了承された案件の取引を実行するには、本資産運用会社の株主から独立した役員により構成される本投資法人の役員会の事前承認を必要としており、こうした複数の実効性のある検証を経た上で取引は行われることになっています。