センシティビルディング

B-14 東京周辺部 事務所 大規模 スポンサー

「千葉」駅直結の大規模高層オフィスビル

「千葉」駅は、JR各線、京成電鉄千葉線、千葉都市モノレールが乗り入れる交通の要衝であり、「千葉」駅界隈は商業・文化・娯楽等の施設が集積する繁華性の高いエリアとなっています。
センシティビルディングは、「千葉」駅に直結する希少性の高い立地であり、大規模高層オフィスのセンシティタワー及び大規模商業施設そごう千葉店の複合施設となっており、一体開発による高い利便性を有しています。
取得したセンシティタワーは、「千葉」駅界隈において、圧倒的な立地優位性と規模感を有しており、利便性に加えて知名度やランドマーク性などにも優れるエリア随一の希少性の高いオフィスビルです。

アクセスマップ

最寄り駅ルート

下記の駅名をクリックすると駅から物件までの経路が表示されます。

  • 京成千葉線 京成千葉駅 80m
  • JR線 千葉駅 170m
  • 千葉都市モノレール 千葉駅 80m

大きな地図を表示する

関連プレスリリース

2020年2月14日
資産の取得(契約締結)に関するお知らせ(センシティビルディング)
2020年3月27日
資産の取得完了に関するお知らせ(センシティビルディング)

物件概要

所在地 千葉県千葉市中央区新町1000番ほか
構造・階数 SRC  B2F/23F 取得価格(百万円) 13,870
延床⾯積(m2 158,663.55 総賃貸可能面積(m2 13,212.98
竣⼯月 1993年4月 基準階面積(m2 1,165.64
取得⽇ 2020年3月27日 テナント数 71
関連URL 大成有楽不動産 公式HP
  • (注1)「構造・階数」の略称は、それぞれ次を表しています。
  • S:鉄骨造、RC:鉄筋コンクリート造、SRC:鉄骨鉄筋コンクリート造
  • (注2)取得価格は、不動産売買契約書又は信託受益権譲渡契約書に記載された譲渡金額 を百万円未満切捨てで記載しており、当該不動産等の取得に要した諸経費及び消費税 等は含みません。
  • (注3)「延床面積」は、建物一棟全体の面積(他の区分所有者又は共有者の持分を含みます。)を登記簿に基づき記載しています。
  • (注4)「総賃貸可能面積」は、JPRの保有に係る面積を記載しています。
  • (注5)JPRの持分割合は12.4%です。

平面図

運用の状況

第33期 第34期 第35期 第36期
賃料事業収⼊(百万円) - - - -
賃貸事業費用(百万円) - - - -
賃貸NOI(百万円) - - - -
減価償却費(百万円) - - - -
賃貸事業損益(百万円) - - - -
資本的⽀出(百万円) - - - -
期末稼働率(%) - - - -
NOI利回り(%) - - - -
償却後利回り(%) - - - -
鑑定評価額(百万円) - - - -
評価損益(百万円) - - - -
直接還元利回り(%) - - - -

物件情報を印刷する