JPR那覇ビル

C-9 地方 事務所 中型 スポンサー

沖縄ビジネスエリアの中心

沖縄のビジネス街の中心、県庁前エリアに位置し、モノレール「県庁前」駅から徒歩4分、那覇空港から12分でアクセスできる優れた利便性を有しています。
ワンフロアは約100坪超、4分割が可能で、小規模な営業所等のニーズにも対応
しています。全国展開する多くの業種企業の沖縄支店が入居し、テナントの分散
が図られています。各階個別空調や開放的な喫煙スペースを設置し、利用者から
の評価が高いオフィスビルです。
また、LED照明や高効率空調、節水型トイレ等の導入により、省エネ・省資源を実現したこと、および省エネ目標の設定やBCPマニュアルの整備を通して、テナントや管理会社と綿密な連携を図っている点が評価され、2015年10月に、優れた「環境・社会への配慮」がなされたビルとして「DBJ Green Building認証」を取得しました。

アクセスマップ

最寄り駅ルート

下記の駅名をクリックすると駅から物件までの経路が表示されます。

大きな地図を表示する

関連プレスリリース

2004年1月07日
運用不動産等の名称変更に関するお知らせ
2004年4月30日
主要テナント(明治安田生命保険相互会社)の異動に関するお知らせ
2015年10月19日
DBJ Green Building認証の取得に関するお知らせ

物件概要

所在地 沖縄県那覇市松山一丁目1番19号
構造・階数 SRC, S  12F 取得価格(百万円) 1,560
延床⾯積(m2 5,780.71 総賃貸可能面積(m2 3,945.83
竣⼯月 1991年10月 基準階面積(m2 339.13
取得⽇ 2001年11月16日 テナント数 19
関連URL 東京建物オフィスビル賃貸情報公式サイト
  • (注1)「構造・階数」の略称は、それぞれ次を表しています。
  • S:鉄骨造、RC:鉄筋コンクリート造、SRC:鉄骨鉄筋コンクリート造
  • (注2)取得価格は、不動産売買契約書又は信託受益権譲渡契約書に記載された譲渡金額 を百万円未満切捨てで記載しており、当該不動産等の取得に要した諸経費及び消費税 等は含みません。
  • (注3)「延床面積」は、建物一棟全体の面積(他の区分所有者又は共有者の持分を含みます。)を登記簿に基づき記載しています。
  • (注4)「総賃貸可能面積」は、JPRの保有に係る面積を記載しています。

平面図

運用の状況

第30期 第31期 第32期 第33期
賃料事業収⼊(百万円) 96 95 100 99
賃貸事業費用(百万円) 47 31 33 35
賃貸NOI(百万円) 48 64 67 64
減価償却費(百万円) 14 15 15 16
賃貸事業損益(百万円) 33 49 52 47
資本的⽀出(百万円) 10 12 5 53
期末稼働率(%) 100.0 100.0 100.0 100.0
NOI利回り(%) 6.1 8.4 8.6 8.4
償却後利回り(%) 4.2 6.4 6.6 6.2
鑑定評価額(百万円) 1,530 1,580 1,720 1,860
評価損益(百万円) 191 243 394 497
直接還元利回り(%) 6.0 5.5 5.4 5.3
  • (注1)「期末稼働率」= 総賃貸面積 ÷ 総賃貸可能面積
  • (注2)「NOI利回り」= (不動産賃貸事業収入 - 不動産賃貸事業費用)+減価償却費) )÷ 取得価格  (年換算)
  • (注3)「償却後利回り」=(不動産賃貸事業収入 - 不動産賃貸事業費用) ÷ 取得価格  (年換算)
  • (注4)「評価損益」= 鑑定評価額 - 簿価
  • (注5)「直接還元利回り」= 直接還元法に基づく還元利回りを記載しています。直接還元法とは、収益還元法(対象不動産が将来生み出すであろうと期待される純収益の現在価値の総和を求めることにより、対象不動産の価格を求める手法)によって収益価格を求める手法のうち、一期間の純収益を還元利回りによって還元する方法です。
  • (注6)金額及び面積については記載未満の桁数は切り捨てて記載し、比率その他の数値については記載未満の桁数で四捨五入して記載しています。

物件情報を印刷する