テナント満足度の向上

入居される方々の満足度向上(CS)は、長期安定稼働やテナント解約リスクの低減に繋がるため、分配金の安定性にとって重要なテーマです。
テナントや利用者の皆様のご要望やご意見を直接伺い、設備やサービスに反映させていくことが、CS向上への一番の近道と考え、様々な取り組みを行っています。

定期的なCS調査

テナントサービスについて、ビルごとのレベルをチェックするため、定期的に全テナントの皆様に対してアンケートを実施しています。調査結果をもとにテナントの皆様の要望にスピード感を持って対応し、課題の改善に取り組んでいます。
調査については、公正な評価が得られるよう、第三者であるシンクタンクに依頼しています。

CS調査結果の推移

テナント満足度向上の継続的な積み重ねにより、満足度は着実に上昇しています。

[2018年CS調査概要]
調査時期:2018年5〜6月
調査対象:45物件、テナント498社
設問項目:管理運営、テナント対応、防犯・安全、緊急時対応、環境保全等

CS検証の仕組み

テナントアンケート結果とPMの課題検証結果について、ビル管理担当者との間で情報共有し、課題の改善に取組んでいます。

flow.png

PM...プロパティマネジャー(賃貸の管理) BM...ビルマネジャー(ビル管理)

JPRベストパフォーマンスアワード2017 授賞ビルが決定しました!

JPRでは、CS調査(テナント満足度調査)の結果やPM担当者の推薦などをもとに「JPRベストパフォーマンスアワード」を設け、優秀な管理水準にあるビル管理会社に対し、他物件の模範として表彰しています。当賞はテナント満足度を表彰の基準としていることから、満足度向上に対しての大きなインセンティブとなっています。授賞したビルは、担当者から管理水準向上のための積極的な意見が出てくることが多く、モチベーションがさらに向上しています。

また、授賞ビルのテナント満足度は高水準であるため、優れたサービスや取り組みを他のビル担当者と共有することで、ポートフォリオ全体の管理水準の向上に繋げています。

本年度のベストパフォーマンスアワードは、テナント様への迅速な対応などにより良好なコミュニケーションを継続し、大口テナント退去にも関わらず館内増床により高稼働を維持する「薬院ビジネスガーデン」が授賞しました。特別賞については、入居テナントの皆様との信頼関係構築により施設の付加価値・テナント満足度向上に成果を上げた「川崎ダイスビル」、テナント満足を意識した建物管理が好評を得ており、高い稼働を維持している「川口センタービル」、夜間に漏水事故が発生した中迅速な対応によって解決し、テナント様から感謝の言葉をいただいた「六番町ビル」が授賞しました

2017年度の授賞ビル

 ベストパフォーマンスアワード          特別賞           特別賞           特別賞

  171213-f67f1c6a9d.jpg         171213-43d8ae79d1.jpg    171213-078971d23e.jpg    171213-d978367bbe.jpg

  薬院ビジネスガーデン           川崎ダイスビル        川口センタービル        六番町ビル

「安心」「サービス」に配慮

全ての利用者の安全・安心に配慮し、質の高いサービスを提供することで、テナント満足度向上に繋げています。

万一の時も冷静に
災害時緊急対応体制

  • 防災マニュアルの活用
  • 緊急時連絡体制整備

ヒューマンエラーによる事故防止
駐車場安全性向上

  • 駐車場安全基準策定
  • 現状把握と基準適合確認
  • 装置設置、見直し、更新
  • 管理者、利用者への使用説明の徹底

笑顔のあいさつ
スタッフマナー向上

  • マナーマニュアル策定
  • 定期的なマナーチェック

いつもきれい
清掃レベル向上

  • 清掃チェックシートの活用
  • 定期的なクリーンクルーチェック

喫煙者、非喫煙者にやさしく
喫煙室設置

  • 日本たばこ産業(株)と協働
  • CS調査に基づき積極的に設置

快適な屋内空間
空調改修

  • CS調査結果に基づき戦略的に改修
  • 省エネ効果
  • 在館者快適性向上

巡る季節を演出
エントランスパフォーマンス

  • 春夏冬の年3回実施
    エントランスに花を設置(春)
    七夕、テナント参加の短冊作成(夏)
    クリスマス装飾(冬)等